政策提言 福祉

福祉

提言者 平塚市議会議員 米村 和彦

平塚市議会議員 米村 和彦
平塚市議会議員 米村 和彦

私たち青年局南関東ブロックでは、障がいを持つ子どもたちへの教育、福祉の分野にも取り組んでいます。

 

神奈川県は現在、平塚市に「児童自立支援拠点」という施設を建設予定です。

 

児童自立支援拠点とは、虐待の影響などから様々な課題を抱えた情緒障害や発達障害、知的障害のある子どもに対し、乳幼児期、学齢期から成人期に至るまでの総合的な支援体制を構築するため、心理・医療等の専門的ケアの出来る入所機能を持った機関であり、情緒障害児短期治療施設、乳児院、障害児入所施設の三つの施設が併設される建物は全国でも初の施設です。


この施設の建設そして運営には地域住民、学校、市、県と多くの人々の協力・理解が不可欠です。

 

障害をもつ子どもは年々増えてきています。しかし、障害をもつ子どもたち、虐待を受けて通常の成長が出来なかった子どもたちへの医療ケア、生活環境の提供、支援技術の確立はまだ遅れていると言わざるを得ません。

 

この県立の児童自立支援拠点ができることによって、障害をもった子どもへのケア、その家族の負担軽減、周りを支える人々の理解といった様々な問題の解決の糸口になると思います。

 

私たち青年局議員は市議会・県議会・そして国会と縦の連携を密にそれぞれの立場からの意見を集約し、児童自立支援拠点の問題に取り組んでまいります。